売るための契約手続き

売る時の流れについてはわかったけれど、「媒介契約」って何?とお思いの方が多いと思います。 これは、不動産業者に購入や売却の仲介を依頼する際は必ず結ばなければいけない契約で宅地建物取引業法によって定められており、3種類の契約を依頼主(売り手)が選ぶことが出来ます。 媒介契約を結ぶことによって、依頼主と不動産業者との関係が明確になりお互いに義務や権利が発生します。 では、その3種類の内容はどういったものに成るのでしょうか。 まず一つ目は、「一般媒介契約」です。 これは、複数の不動産業者に「重ねて」仲介を依頼することが出来る契約になっていて、業者側に報告義務はなく、依頼主自身でも購入希望者を見付けることが出来るものです。 二つ目は、「専属専任媒介契約」です。 特定の業者に仲介依頼をするもので、一般媒介契約と違い重ねての依頼が出来ない契約です。 依頼を受けた業者は依頼主に対して週に一回以上の頻度で売却活動の状況報告をする義務があり、目的の物件を国土交通大臣指定の流通機構に登録しなければなりません。 この契約は完全に業者任せになるので、依頼主が自分で購入希望者を見付けることは出来ないものとなっています。 最後は、「専任媒介契約」です。 こちらも特定の業者のみに仲介依頼をする契約になっており、状況報告は二週間に一回以上が義務になります。 目的の物件を国土交通大臣指定の流通機構に登録しなければなりませんが、専属専任媒介契約と違い依頼主が自分で購入希望者を見付けることができます。 因みに、先程から挙がっている「国土交通大臣の指定する流通機構」というのは、専属専任媒介契約と専任媒介契約は一つの業者にしか依頼が出来ないので業者が相手を探してくれないと先に進めませんが、一人の業者にも限界がある為コンピューターを使った情報ネットワークを使って広く相手を探すよう義務付けられているこの情報ネットワークのことをいいます。 購入や売却の際、業者に仲介を依頼する場合はこういった契約がありますので、どの契約が自分にとって良いのか見比べてみましょう。

↑ ページの上部へ