査定額と気持ちの焦りは

時期にもよるのでしょうが、よくポストに「この地域限定で探しているお客様がいます」ですとか「このマンション限定で探しているお客様が」といったチラシが入ってきます。 マンションにお住まいの方、売却なんて全く考えていない方だと毎日のように入ってくるこのチラシにうんざりしている方もいるかもしれません。 しかし、売却を考えている方にとっては気になってしまうもの。 チラシによっては「新橋勤務で近隣社宅にお住まいの方が、社宅の費用負担増加のため予算4000万円で探しています」なんて具体的に書かれていたりもします。 しかし、本当にそんなお客がいるのでしょうか。 答えは、ご理解いただいているとは思いますが「100%いない」です。 特にマンションの場合は、同じマンションで南紀円も売りに出ている部屋があるのに「このマンション限定」というチラシが入ってくるので良く考えれば誰にでもわかりますね。 ところが、いざ自分が当事者になってしまうと気持ちが先だってしまってなかなか冷静な判断が出来なくなってしまうもの……その時を上手く狙って不動産業者は懐に入り込んできます。 何故かというと、「とりあえず高値でもなんでもいいから専任媒介契約を結びたいから」なのです。 イメージをしてみて下さい。 マイホームを売ろうと思い、A社とB社に査定をお願いしたところ「A社は5600万年、B社は5000万円」と査定されました。 あなたなら、どちらを選びますか?売る立場としては少しでも高い金額で売りたいですよね。 しかし、会社によっては自社でその物件を扱いたいので実際よりも高い金額の査定をするところがあります。 良心的なところであればリスクを考えて低い金額の査定をしますので気を付けてみていきたいところ。 査定に明確な基準はありませんが、万が一ローンが組めなくなったり買い手がつかなくなったりした事態に陥っては大変なことになりますし一番困ってしまうのは売り手であるあなたなのです。 「少しでも高く!」この気持ちも分りますが、理想と現実は違うものです。 査定額と契約金額は違うのだという現実をしっかり見て慎重に考えていかなければなりません。

↑ ページの上部へ