トラブルを未然になくす

【 2014/10/17 】

家を高く売りたいのに査定額を決めるには基準がないと言われると不安になりますよね。 家を売る際、購入希望者に「購入するときに何を基準にしたのか」を必ずと言っていいほど聞かれます。 家の間取りや耐震強度、隣人や上下階の住人の情報、近隣の交通・医療・買い物などといった生活情報など、自分が家を購入した時に気になったことと同じようなことなので、まとめやすいでしょう。 「告知義務」も忘れてはならない点です。 不動産会社や買主が通常の注意を持って調査をした際に知り得なかった事実があり、知っていれば購入時に大きな影響を及ぼすであろう事柄を売主が「あえて」告知をせず契約を結んでしまった場合は、「告知義務違反」となり、白紙解約や損害賠償を請求されることがあります。 また、高く売りたいのならば「商品価値」を高めないといけません。 希望者が見学に来た際に「広くて明るい、綺麗」という印象を持ってもらえるように、家をきちんと整理整頓することがとても大切になります。 これらの点に気を付けるだけでも、買い手に良い印象を与え、家への信頼を得ることができるのです。

↑ ページの上部へ