売るときはより冷静に

【 2014/09/22 】

「この地域限定で探しているお客様がいます」、「お客様がこのマンション限定で探しています」といったチラシをみたことがあるでしょうか。 本当にそんなお客がいるのかというと、答えは「100%いない」です。 同じマンションで何件も売りに出ている部屋があるのに「このマンション限定」というチラシが入ってくるので良く考えれば誰にでもわかりますよね。 しかし、いざ自分が当事者になってしまうと気持ちが先だってしまい、なかなか冷静な判断が出来なくなってしまうもの。 その時を上手く狙って不動産業者は懐に入り込んできます。 自分の所であなたの物件を扱いたいので、実際よりも高い金額の査定をするのです。 良心的なところであれば、リスクを考えて低い金額の査定をしますので気を付けてみていきたいところ。 万が一ローンが組めなくなったり、査定額が高過ぎて買い手がつかなくなったりした事態に陥っては大変なことになりますし、一番困ってしまうのは売り手であるあなたなのです。 査定額と契約金額は違うのだという現実をしっかり見て慎重に考えていかなければなりません。

↑ ページの上部へ