売却を考えたら相談から

「せっかく買った家だけど、事情で売ることに決めた!けど、どういう流れで希望通りに売れるのかが分らない」といった方は結構いるかと思います。 買う時は念入りに調べたけれど、売る時は別に不動産屋に相談すれば大丈夫。 なんて考えている方もいるのではないでしょうか。 しかし、そうすると思っていたよりも安い値段で話が進んでしまったりすることがあるので流れはきちんと把握しておいた方がよいでしょう。 まずは、売却について相談するところから始めないといけません。 法律や税金についてもサポートが必要になりますので、信頼のおける不動産会社に相談しましょう。 その際に、ローンの借入の残金確認、購入時の図面や書面等も確認しておくことが大切ですし、売却理由も詳しくお話しできるようにしておきましょう。 相談が終わったら物件調査と価格査定です。 これは、不動産会社が建築年数や周辺の類似物件の売買事例、管理状況等様々な視点からチェックして決めていきますが、無料で行ってくれるところもあるので問い合わせてみると良いでしょう。 自分の物件に適切な価格相場を正確に把握しておくことが大切になります。 その次は、媒介契約を不動産会社と結びます。 これは3種類あって、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」となっており、それぞれの特徴を理解したうえで選ぶことが可能です。 それが済んだら、売却活動と現状報告をして行きます。 買ってもらうには様々な売却活動をして行きます。 チラシや新聞折り込み、不動産の流通機構への登録、ホームページでの公開等様々あり、この経過を契約形態に基づいて売主に報告されます。 購入希望者がいる場合は現地を見学してもらうことになりますので、整理整頓や可能な範囲でのメンテナンスは行っておきましょう。 買い手が見つかったら売買契約を交わし、引き渡しになります。 引き渡し日までには抵当権の抹消手続き、固定資産税納付書等各種書類の準備、引き渡し手続きをします。 主に、残代金の受け取り、登記の申請、固定資産税の清算、鍵の引き渡し等があります。 これらが無事終了すると、引き渡しという流れになっています。

↑ ページの上部へ