知らないと損することもある!不動産の売却!

購入することがあれば売却することもありますが、不動産の売却こそ一生に一度経験するかどうかと言われています。購入についてはWEB上にも情報がたくさんありよく調べてから行いますが、売却となると「査定額だけ見て売却をして失敗してしまった」ということもあります。

しかし、何をどうやって誰に相談すればよいのかもよくわからないと思います。何事にも段階というのがあり、不動産を売却する際にも流れというものがあります。

まずは、無料で相談に乗ってくれたり査定をしてくれるところで聞いてみると良いでしょう。いくつか受けてみると、査定金額も若干変わってきますしその場合どうしても高いところへ頼みたくなりますが、「査定金額=実際の売却金額ではない」ので注意しましょう。

会社によって変わってはきますが、近隣の事例等をもとに価格を算出し、マンションや一戸建て、売りアパート等の建物付の場合は室内外の状況を確認し、修繕の状況を考慮してくれるようです。近隣物件と書きましたが、「土地状況(地形・接道状況・環境・地盤等)」「建物の状況(屋根・外壁・内装・防水状況等)」「マンション(管理状況・部屋の向き・積立金額等)」の状況によっては価格が変わってきますので確認が必要です。

また、住宅ローンの残高によって販売方法も変わってきますのでこの点も注意が必要となります。さて、無料で査定や相談をしてもらったら次は必要な費用を確認しないといけません。売却時に必要な仲介手数料や登録免許税・印刷税等、手取り金額をきちんと確認しておくことが大切です。

そのあとは、売却の金額と販売方法について提案があると思います。売る側にも「早く売ってしまいたい」「高めに売りたい」「出来れば近所にばれないように」等様々な要望があると思いますが、それを会社にも伝えておくと要望を最大限に聞きいれた販売活動をしてくれます。ただ、この販売活動は売る側と会社と二人三脚で行っていくものとなっていますので、「私のいうことが聞けないの!?」という方はお断りされかねませんので注意しましょう。

次に、売却や購入の際には必ず発生する媒介契約を結ばないといけません。媒介契約には「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、いずれか一つ選択することが出来ます。これは基本的にはいつでも解約することができます。 こういった手順を踏んで漸く販売活動へと移っていくのです。

レコメンドサイト

↑ ページの上部へ